ぶーた坊や、永眠

平成25年6月12日、ぶーた坊やが永眠しました(;ω;)(;д;)

5歳4ヶ月と1日の、長生きさんでした。


(※坊やの事は、愛称としていつも『ぼーぼー』と呼んでいました。
以下は坊やの事を 愛称で記します)


ぼーぼーは若い頃は病気知らずで元気でしたが、
ちょうど1年ぐらい前から、たまに体調を崩すようになっていました。

昨年9月に大病をし、がんばって乗り越えてくれたのですが
今回はもう、乗り越えることが出来ませんでした・・・


大病というのは「鼓腸症」という、お腹の中にガスが溜まってしまう病気です。

モルモットやウサギ、それに馬や牛など、草食動物に多い病気で
症状(食欲が無くなる・排便出来なくなる)が出てからしか発見出来ない事が多く
死亡率も高い病気だそうです。


ぼーぼーは昨年9月にも鼓腸症になり、動物病院へ 毎日注射をうちに通って
無事完治する事が出来ました。

それ以降は激ヤセしたものの、元気イッパイで過ごしていたのに
最近急に食欲が無くなり、4日間がんばったけれど お星様になってしまいました;;






↑ 6月8日お昼頃
ぼーぼーの異変に気付いて、半日後ぐらいの様子。

『大丈夫だよ〜。ぼく元気だよ!』
というカンジで、ぼーぼーは動いていましたが
食欲が落ちて 好物の野菜も残していた事、ママは気付いていたよ(;ω;)


この後夕方 動物病院へ行き、鼓腸症と診断されて
注射を3本うってもらいました。

でもなかなか具合は良くならず、水も飲まない・何も食べないという状態に
なっていきました・・・






↑ 6月9日夜 
動物病院から帰って、私のヒザの上で横になっているぼーぼー。

顔をあげているのがしんどいのか、ずっと私の腕に アゴを乗せていました。

この日も注射を3本うってもらいましたが、一向に良くなるきざしがありません。

なので2時間ごとに 強制給餌をする事に。
相変わらず水も飲まないし、ウンPもほとんど出ませんでした。

病院では、「この子は非常に危険な状態で、いつ亡くなってもおかしくない」
と言われました(ノω・、)






↑ 6月10日朝 私のヒザの上にて。
強制給餌をして、お水を飲ませるところです。

強制給餌をしたら、ぼーぼーはがんばって食べてくれるものの
ウンPがほとんど出ないので、目に見えてお腹が膨らんできました。
どんどんガスが溜まってしまっているみたい。

膨らみすぎるのが怖いので、自分の判断で 強制給餌はやめ
時々お水を飲ませるだけにしました。
と言っても、ほとんど飲んでくれませんでしたが・・・






↑ 6月10日お昼すぎ  私のヒザの上にて。
ぼーぼーはどんどん元気がなくなっていきました。

口元から「コク・コク・コク」と、音を立てるようになり
時々ゲホっとむせるように咳をしていました。

何も食べていないせいで、歯が伸びすぎてしまったのかな。

よだれが出てしまうみたいで、私の腕は濡れていました。
よだれがたまると、ゲホっとなるみたいで。

それと頭が重いのか、何かにもたれていないとダメなようでした。


ぼーぼーはすごくしんどそうだったので、悩みましたが この日はもう
動物病院へは行きませんでした。

病院へ行く事によって ストレス・恐怖・痛みを ぼーぼーに与えたくなかったからです。
それに何だかもう、すぐにでも ぼーぼーが旅立ってしまうような気がして・・・






↑ 6月11日お昼頃 ぼーぼーを撮った、最後の写真です。

ぼーぼーは相変わらずの状態で、時々場所を移動するものの
あとはずっと、コクコクと音を立てながら じーーーとしていました。

飲まず食わずで、どんどん弱っていくぼーぼー。
そんな姿を、見守っているのはとても辛かった。

でもぼーぼーは、すごくがんばっていたね。
まだ一緒にいたいって思っていてくれたのかな。



そして 6月12日午前2時45分に、ぼーぼーは永眠しました。


最期は予兆があったので、私は慌ててぼーぼーを抱っこして
腕の中で、看取ってあげる事が出来ました(;ω;)(;д;)


ぼーぼー、ありがとう、お疲れ様。
体がエライ状態で、4日間も本当によくがんばったね。
ずっと一緒に、最後までそばにいてあげられて良かった;;


ママはぼーぼーと出会えて、すごく幸せだったよ。
ぼーぼーは幸せだったかな?

ぼーぼーと過ごした 4年5ヶ月12日は、あっという間だったね。
毎日とても楽しくて、幸せで癒されていたよ。

ぼーぼー、あの日ペットショップに居てくれて、そして
うちのコになってくれて、ありがとう。

ぼーぼーと出会えて 本当に良かった。

カワイくて大切なぼーぼー、ずーーと愛しているよ!
どうか安らかに眠ってね・・・



☆。+¨+。☆。+¨+。☆。+¨+。☆。+¨+。☆。+¨+。☆。+¨+。☆



ぼーぼーは4日間、とってもがんばっていたし、写真もたくさん撮ったので
その日ごとの詳しい様子を、いつの日かまた 少しずつ書いていけたらな・・・と思っています。


何年も放置していたこのブログですが、「スキニーギニアピッグって何だろう?」と検索で来られた方に
スキニーの魅力が伝わればいいな・・・と思い、ブログをそのまま残していました。


H20年9月にぶーたがお星様になった時、励まして頂いていた方々のブログへも
とんとオジャマしていなくて、とても申し訳ないです。


ものすごく久しぶりのブログ更新になってしまいましたが、
読んで下さる方がいましたら、ありがとうございました。

ぶーた坊や〔スキニーギニアピッグ〕(日記) * comments(6) * trackbacks(0)

4日目の緊張

早いもので、ぶーた坊やが我が家に来てから 半年もの月日が経ちました。

坊やはすっかり我が家に慣れたようで、元気イッパイ のびのびと暮らしています♪


ブログの更新が滞っているせいで、画像がたくさんたまってしまい
今日紹介するのは、坊やが我が家に来て4日目の画像です;
もっとマメにUPしなくては><




↓お散歩広場にて、晩ゴハンを食べようとしている 坊や☆




豚 『・・・・ん?』

なかなかスルドイ目つきの坊や、緊張感が伝わってきます^^;





豚 『これはボクのゴハンだからねっ!』

たらーっ 「大丈夫だよ、取ったりしないよ」





豚 『ほっプシュー それなら安心♪』





豚 『でも、じゃあどうして ジーーっと見てるの?』

ポッ 「それはね、坊やがカワイイからだよY





豚 『えへへハート では、いただきまーす!』





坊やは最初の頃、よく私の指を甘噛みしていたので
「この子は 噛みぐせがある子なんだ」と思っていましたが
今ではすっかり、噛む事がなくなりました(´∀`*

ただ最近は食事中に、牧草や野菜の補充の為に 坊やの目の前で手をちらつかせると、
威嚇とまではいきませんが、カプッ!と軽く 指を甘噛みする事があります。

さしずめ「前歯アタック」と言った感じですモグモグ
多分、興奮しているんだろうなー( ´艸`)


ぶーたはそういった行動はしなかったので、最初はビックリしましたが
性格の違いというか個性というか、新たな発見という感じで
面白いですねw




今でもごくたまに、ぶーたを想って泣いてしまう事もある私ですが
坊やにたくさんの元気をもらって、日々楽しく過ごしています^^@

これからも坊やと、たくさんの思い出を作っていきたいな!

ぶーた坊や〔スキニーギニアピッグ〕(日記) * comments(6) * trackbacks(0)

早く出してー

久々の更新になってしまいました(-ω-;)


ぶーた坊やは、1日1回、夜にお散歩広場でお散歩をしています。

その間に坊やの住みかである、衣装ケース内をお掃除するのですが
お散歩広場でお腹を空かせたまま待たせるのはかわいそうなので
広場に出してすぐ、新しいゴハン(ペレット&乾燥野菜)をあげるようにしています。

なので坊やにとっては、お散歩=新しいゴハン、になるので
外へ出るのが嬉しくて仕方ないという訳です(。・ω・。)


今日は、そんな坊やとの、広場に出る前の1コマを紹介します!





モグモグ 「坊やーー、お掃除の時間だよー」

豚 『あっひらめき 天井のフタが開いたー!!』





豚 そわそわ・・・そわそわ・・・





豚 『もしかしてゴハンかな?もう空っぽなんだっ♪』





豚 『その前にちょっと、かゆい かゆい』





豚 『ねえねえ、お腹へったよー』





豚 『ねえねえ、もしかしてゴハンの時間?』

ラブラブ 「そうだよ、坊やはスルドイね^^@」





ラッキー 「じゃあ、そろそろお外に出ようか?」

豚 『・・・・・』





豚 ダダダップシュー 『でも捕まえられるのはイヤだよーへへっ♪』

ぶー 「あっ!逃げたなぁ」





ぶー 「お外出たくないならいいよプシュー

豚 「えっ、待って待って汗汗





豚 『お外出たいよ、ママー汗




↑ 急いで私の手に捕まろうとしています(*゜v゜*)

そんなあせりっぷりが、なんともカワイイ坊やですラブラブ
(人´∀`).☆.。.:*・°

ぶーた坊や〔スキニーギニアピッグ〕(日記) * comments(6) * trackbacks(0)


おすすめの記事




blank