ぼーぼーの命日(ぼーぼーへの手紙)

今日で、ぼーぼー(ぶーた坊や)がお星様になってから、ちょうど2年になります。







ぼーぼー、元気にしているかな?
ぶーたお兄ちゃんと、仲良く暮らしているのかな?


私はとても元気だよ

病気の経過も、仕事も恋愛もとても順調で
毎日幸せに暮らしているよ。


いつもお空の上から、私の事を見守っていてくれて ありがとうね

姿は見えないけれど、いつもすぐそばに、ぼーぼーの事を感じているよ。


本当は1年前のぼーぼーの命日に、こうしてメッセージを書きたかったけど
出来なくてごめんね。

去年の今頃は、ちょうど心の病の真っ只中で
ブログを書くなんて、とても出来なかったんだ

そしてそんな自分を、すごく責めていたよ。

「命日なのに、何も出来ない。メッセージを書いてあげることすら出来ない。」
ってね。

本当に、毎日辛くて苦しくて仕方なかった(;ω;)(;д;)


あの頃と比べると、今は天と地との差で、こうしてぼーぼーに
メッセージを書くことが出来るほどに回復した今を、とても感謝しているよ。


私、よくがんばったよね
ぼーぼーも、とてもがんばっていたものね。



先日、ぼーぼーの3回忌を無事済ませてきたよ。
あれから2年経つだなんて、本当に早いね。


ぼーぼーのいない暮らしにも、もう大分慣れてしまった・・・


でも一緒に過ごしたかけがえのない日々は、ずっと忘れない、
永遠の宝物だよ。


ぼーぼー、ぶーたお兄ちゃんと一緒に、
これからも私を見守っていてね


大好きな大切な 愛しいぼーぼーへ

 ぶーたママより。
ぶーた坊や〔スキニーギニアピッグ〕(思い出) * comments(0) * trackbacks(0)

夢の中で

 
早いもので、ぼーぼー(ぶーた坊や)がお星様になってから
明日で2ヶ月も経とうとしています。

先月の終わりには、ぼーぼーの49日法要を済ませて来ました。


この2ヶ月、すごく落ち込んでたくさん泣いて なかなか元気になれなかったけれど
最近ようやく気持ちが立ち直って来ました。

それは、ぶーたとぼーぼーが、夢の中へ会いに来てくれたからです!



ぼーぼーが亡くなってから私は、ぶーたの時と同じように
毎日毎日泣き続けていました。

会いたくて会いたくて、触れたくてたまらなかった。

ぼーぼーの全ての仕草も、抱っこした時の温かさ・体の重みも感触も
今でもはっきり覚えている。

それなのに もう2度と会えないなんて・・・と思うと、辛くて苦しくて悲しくて。

泣いてばかりいたら ぼーぼーが心配する、
ぼーぼーもすごく頑張ったんだから、私も頑張らなくちゃ!と思っていても
涙があふれてしまって、なかなか立ち直ることが出来ないでいました。


49日の法要が過ぎれば、私の気持ちも区切りをつけられるかな、と思っていたけれど
そんな事はなくて、ひたすら泣き続けるという毎日を送っていました。



でも、49日法要が過ぎて数日後に ぶーたの夢を見ました。

どんな内容だったかは覚えていないけど、ぶーたが夢の中へ会いに来てくれた事は初めてだったので
ものすごく嬉しかった(;ω;)


ぶーたの夢から数日後、今度はぼーぼーの夢を見ました。

夢の中では、ぼーぼーはお星様になったという事実は変わらないのだけど
ぼーぼーから細胞をとって誕生した、いわゆるクローンのぼーぼーと
また一緒に暮らすことが出来る、という夢でした。

ぼーぼーのクローンだから、体の色も顔の毛色も ぼーぼーと全く同じ。

でもその子は顔が腫れていて、夢の中の私は「この子は長くは生きられないかも」と思っていました。

だけど「ぼーぼーとまた一緒に暮らせる」という事がすごく嬉しくて
とても幸せな夢でした。


夢から覚めたら、「なんだ、夢だったんだ」とガッカリしてしまったけど
夢の中でだけど ぼーぼーに会うことが出来たから、すごくすごく嬉しかった(;д;)


きっと泣いてばかりの私を、ぶーたとぼーぼーが心配して
見るに見かねて会いに来てくれたんだね。

とても優しいうちのコたち、ありがとう(ノω・、)


この夢を見た日を境に、私はようやく泣かなくなりました。
まあ、たまには涙が出てしまうこともあるけれど・・・

ぶーたとぼーぼー、少しは安心してくれたかな?





  『うん、ママがんばってよ』


↑これは数あるぼーぼーの写真の中で、私が1番気に入っているものです★
ぼーぼーの遺影として、写真立てに入れてあります。

頭にケーキ(チャームです)を乗せて、きょとんとしているところw
上目遣いでカワイイ(*´ω`*)


ぼーぼーの頑張りを見習って、私もこれから頑張らないと

私の大切な子達、ぶーた・ぼーぼー、本当にありがとう!
ずっとずーーーっと愛しているよ
虹の橋から どうか見守っていてね。
ぶーた坊や〔スキニーギニアピッグ〕(思い出) * comments(0) * trackbacks(0)


おすすめの記事




1
blank